FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.07.10 (Fri)

よいこの童謡ベスト50

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!



よいこのどうよう ベスト50よいこのどうよう ベスト50
(1995/05/20)
鳥海佑貴子野田恵理子

商品詳細を見る
<試聴用サンプル付>

今風なものは含まれていませんが( そういうものは、いくらでもTVで流れているので )、たとえ古いと言われてもやはり良いのは、世代をこえて一緒に歌える様な童謡・唱歌ではないでしょうか。( 以前、子供たちが並んで大きな声で歌っていると、懐かしいと思ったのか近所の子供が集まってのぞきに来ていた。)チャイコフスキーコンクールで優勝した諏訪内晶子さんは、幼い頃、童謡を好んでよく歌っていたそうです。
このCDにある‘しゃぼん玉’の野口雨情は茨城県の生んだ偉大な作詞家です。雨あめふれふれ母さんが…♪でお馴染みの‘雨ふり’は教科書に必ず出てくる北原白秋の作詞。( 両方とも中山晋平作曲。)今でも雨の中、傘を片手に心配そうに幼稚園バスを待つお母さんを時々見かけますね。今も昔も変わらない日常の情景に、これも変わらない親子の情愛をさりげなく歌にしています。だれもが知っている 夕焼け小焼けの…♪ ‘赤とんぼ’のメロディーは、明治時代にベルリンに音楽留学し日本で初めて交響曲/シンフォニー を書いた山田耕筰が作曲しました。彼はN響の母体を築き日本の西洋音楽の先駆けとなった人物でもあります。この曲を耳にするといつも私は、そろそろ家に帰らなければ、という衝動にかられます。ちなみに、シンフォニーを交響曲と訳したのは、明治の文豪、森鴎外だと云われています。
今でも変わらぬ自然や文化の残るつくばで四季の移ろいを感じながら、美しく繊細な洗練された日本語で、子供と一緒に童謡を口ずさみ幸せな一時期を過ごすことは、言葉の豊富な習得と共に感性・心を育てる情操教育の点からいっても人生の素晴らしいスタートになることでしょう。

※現在販売されているコロンビアの「よいこの童謡ベスト50」は内容が多少異ります。



イヤホンかヘッドホンでの視聴をお勧め致します。

     

映像は日本の唱歌( 浜辺の歌 )を弾くイヴリー・ギトリス。






 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る
11:48  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.09 (Thu)

クラシックのお部屋

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!



ブルーナ クラシックのお部屋 ヴァイオリンとチェロのお部屋ブルーナ クラシックのお部屋 ヴァイオリンとチェロのお部屋
(2005/11/02)
オムニバス(クラシック)

商品詳細を見る
<試聴用サンプル付>

とにかくジャケットの絵が可愛らしい。ブルーナの描く余計なものがない単純化されたシンプルな線と鮮やかな原色は幼児の興味をひく計算されたものだと聞いたことがある。演奏者はチョボタリョーワ( チャイコフスキーコンクール最高位の美人ヴァイオリニスト。)をはじめ日本で活躍するソリストなど。絵本でも開くように、気軽にBGMとしていつもこんなCDを流していると、たとえ怪獣ごっこで遊んでいても( 幼児は真剣に聴くはずもないので )自然のうちに自分で好みのものを取捨選択をしながら聴いているのではないか。誰に教わるでもなく、おなかにいる時にすでに母国語とそれ以外の言葉をちゃんと聞き分けているのだそうで‘幼児の力恐るべし’である。




ブルーナ クラシックのお部屋 ノエルのお部屋ブルーナ クラシックのお部屋 ノエルのお部屋
(2005/11/02)
オムニバス(クラシック)ベルリン放送合唱団

商品詳細を見る
<試聴用サンプル付>

ブルーナのクラシックのお部屋シリーズは他にもいろいろあるが、このCDは宮崎駿監督 映画‘もののけ姫’で広く知られるようになったカウンターテノール( 変声期を過ぎた男性が裏声を出して高音域の女性パートを歌う )の米良美一氏が歌うアヴァ・マリアが冒頭を飾っている。その達越したテクニックとこの世のものと思われない奥深い魂から出てくるような美しい歌声は、この世のあかにまみれて生きる(!?)私達大人の心をも清く洗い流してくれるような、正にノエル( キリスト誕生を祝うクリスマスの歌 )にふさわしいものとなっている。
次に続くのは、キリスト降誕の預言から受難、復活までを描いたヘンデルのオラトリオ( 舞台装置や演技は伴わない音楽劇 )「 メサイア 」。‘ハーレルヤ!’と連呼する事でもお馴染みの曲である。( ハレルヤは、主をほめたたえよ!の意味であるが、クリスチャンでない我々はそんな気持になれないので、晴れるや! または陛下万歳!またはキリスト教にちなんだ合言葉、位の気持ちで聴いたり歌ったりすればいいのだ、などと考えつつ… )演奏は今話題の芸大教授でオルガ二ストでもある鈴木雅明氏率いるバッハ・コレギウム・ジャパンが、古楽器( バロック時代そのものの楽器を博物館などから拝借し或いはコピーして )を使い、ヘンデルの時代の正統的な奏法で演奏した迫力のあるものとなっている。子供は何故か打楽器が好きな様なので、ティンパニーが鳴り響く曲はお気に入りになるかもしれない。
日本の歳神様がやってくるお正月も近いことであるし、このようなノエルを聴きながら一年に一度、神様の存在を感じてみるのも良いものかも知れませんね。



イヤホンかヘッドホンでの視聴をお勧め致します。



 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る




12:55  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.08 (Wed)

これだけ!西洋音楽史

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!



青島広志の超絶トーク!これだけ!クラシック音楽史!!青島広志の超絶トーク!これだけ!クラシック音楽史!!
(2008/03/26)
青島広志

商品詳細を見る
<試聴用サンプル付>

子供から大人まで、わずか1時間あまり聴く丈でクラシック音楽とその歴史が分かってしまうクラシック入門CD。曲と曲の合い間に、時代背景や作曲者のエピソードを独断と偏見で青島広志氏が面白おかしく語っていくので飽きることがない。全部で134曲も紹介されているので、さすがに西洋音楽の長い歴史と輝き、苦闘と新しい挑戦に圧倒されつつもっともっと聴きたくなる。残念ながら紹介されているのは曲のほんの一部分なので、このような類のCDから、自分 (子供が) が特に聴き入った曲、ピンと来た波長の合いそうな時代のもの、興味を惹かれた作曲家など、つまり聴きたいと思ったものを徹底的に聴いていくのが楽しむ一つの方法ではないかと思う。



 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る

14:13  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.07 (Tue)

もう一度学びたいクラシック

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!



CD付き もう一度学びたいクラシックCD付き もう一度学びたいクラシック
(2000/01/01)
西村 理、沼口 隆 他

商品詳細を見る


この本は一言で云って‘便利で面白い’。開く度にいつも新しい発見がある様な本なので、辞書がわりにしょっちゅう取り出す出番の多い一冊である。音楽史の年代順に並べてあり、巻末には人物索引と用語索引が載っている。西洋音楽がどのような過程を経て、どう成り立ってきたのか、本質というか急所がしっかりとらえられていて、とても分かりやすく説明されている。専門家によるものであっても変に小難しくないので、初めて学ぶ人や中学生くらいから読める一押しの一冊である。CD付き。「もう一度学びたいオペラ」も出ている。



 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る




10:45  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.06 (Mon)

夏はクラシックで暑気ばらい!

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!



出来ればプールにも海にも行かずに涼むには――と、すべて家で済まそうと考えるのは出不精だからか、お金がないからか、もういい歳だからなのか。( それら全部だろう ) どちらにしても、うっとうしい梅雨の時期をなんとかやり過ごし、子供達に今年の夏休みはどこそこへ行く!等と言われる前に、先手を打ってなるべく遠出をせずに家で涼む方法……など常に考えているのが主婦というものなのか。
という事でこの時期に、子供と聴いて爽やかに楽しい気分で過ごせるのは、ヘンデルの「水上の音楽」「王宮の花火」あたりだろうか。


ヘンデル:水上の音楽ヘンデル:水上の音楽
(2004/12/08)
ピノック(トレヴァー)

商品詳細を見る




「水上の音楽」は全部で3つの組曲があり、それぞれは、幾つかの器楽舞曲から成り立っている。
ドイツからイギリスへ渡ってからというもの‘水を得た魚’のごとくオペラで活躍していたヘンデルであったが、以前使えていたドイツのハノーヴァー候が突然イギリスの国王として迎えられることになり、疎遠になっていたヘンデルはあわてて歓迎の気持ちをこめ、この気持ちの良い曲を作曲しご機嫌を伺ったという、信憑性は定かではないが有名な逸話が残っている。余談であるが、上記の例でも分かるように、イギリスの国王というのは、日本の皇室の様に何千年も続いている純粋の血統ではないらしい。エリザベス女王は半分はドイツ人なのだ!?

ちなみに、ヘンデルはバッハと同じドイツで、同じ年の1685年(イタリアのヴィヴァルディより少しおそい)生まれた。バッハは一生のほとんどを北ドイツの宮廷や教会の中で、主君や教会に仕えて過ごしたが、ヘンデルはそういう地味な活動は性分に合わなかったらしい。若い頃はイタリアに遊学し、その後イギリスに渡り、民衆のためのオペラ作曲家として成功し、名前も英語風に読み換え最後はイギリスに帰化した。
ヘンデルにオペラの面白さを教えたのがテレマンで、ヘンデルが国際的なオペラの活動に乗り出すのに一役買ったのがマッテゾンである。――が、後にけんかをし決闘までするはめになった――マッテゾンは、当時理論家として有名であり、いろいろ書き残している。以下は、舞曲についてマッテゾンが記したものである。



イヤホンやヘッドホンでの視聴をお勧め致します。



「水上の音楽」よりメヌエット


メヌエットMenuett(フランス16C)

ルイ14世(ヘンデルの頃より少し前のフランス国王)の時に、フランスの宮廷に取り入れられました。
優雅と高貴な単純さによって、他のすべての舞曲をしのいでいます。3拍子で、バロック時代には中庸のテンポで弾かれ、ほとんど装飾音なしで演奏されました。後期バロック時代になると、メヌエット 長調―トリオ 短調―メヌエットの形にお目にかかるようになります。

「ここのある情緒は、まさに中庸の快活さである。」
「どんな小さなメヌエットにも、美しさと優雅とが欠けてはならない。」

ブーレーBoure(フランス16C末)

ブーレーは、元気よく、しかも中庸の速さで演奏しなければなりません。2拍子で、アウフタクト(4分音符分)が初めに付きます。4分音符は、やや短めに、長い音符はむしろ歌うように演奏します。8分音符は、繰り返しの時、符点を付けて、少し不均等に演奏しても良い。

「満ち足りて、快く、こだわりなく、力を抜いて、悠然と、のんびりと、しかも端正に。」
「ブーレーとリゴドンは陽気に演奏する。」(クヴァンツ)




ガヴォットGavtte(フランス16C)

宮廷の踊りであると同時に田舎の踊りでもあります。明るくて愛らしい。2拍子で、1つか2つの短く演奏されるアウタクトを持っていることもあります。8分音符は符点を付けて、符点8分音符にして、不均等に弾くことが許されます。テンポは中庸で、終止は際立たせます。

「飛び跳ねるような動きこそ、このガヴォットの真の姿であって、決して流れるようなものではない。」
「4分音符あるいは8分音符に分割されてはいても、拍子は2拍子であって4拍子ではない。2つの2分音符から成る2拍子なのである。」


アリアAria(フランス・イギリス16C)

旋律的要素(メロディー)に重点をおく活気にみちた器楽の舞曲。Air adagio Air andannte Air allegro Air presto というように、いろいろなテンポで演奏することができます。

「 …アリアは空気と歌とを意味するイタリア語である。ところで、これ以上の何を望むことがあろう。そもそもすべての歌と響きは空気の動きの作用である 」





梅雨もようやく終わり、隅田川ならぬテムズ川の船遊びの後は、いよいよ夏、真盛りの打ち上げ花火である。




すでに形骸化していた神聖ローマ帝国(ドイツ)の皇帝の後継ぎを争う、オーストリア継承戦争。それぞれドイツ内で分裂独立をしていたオーストリア( ハプスブルク家 )とプロイセンの戦いの終結を祝し、イギリスでもそれを祝うために、打ち上げ花火とともに、依頼され作られたヘンデルのこの「王宮の花火の音楽」が演奏された。    





 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る






     
01:15  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.05 (Sun)

春!ヴィヴァルディ四季 

 TOP頁に戻る
 引き続きクラシック万歳!!

   

イヤホンやヘッドホンでの視聴をお勧め致します。



Vivaldi: The Four Seasons Trevor Pinnock



第1番(春)    

1楽章
ソロヴァイオリン
が高らかに小鳥の声を模倣している。
春が来た喜びにあふれている。
そこへ雷鳴が轟き、あわてふためく小鳥や動物たち。
          
2楽章
ヴィオラ犬の物憂い遠吠えを模倣している

3楽章
バグパイプ低音楽器が表わし、田舎のダンスが始まる。



ヴィヴァルディの 「 四季 」 は、「 調和と創意への試み 」という作品8の協奏曲集中の第1番~4番のことをいうが、日本ではバロック音楽の定番となっていて、イ・ムジチとともに誰もがあの曲、と思いだし歌うことも出来るほど、お馴染みになっている。無理もない、我々農耕民族は、季節の行事を大事にしてきたし、四季の移り変わりにはとても敏感なのであるから…。とにかく、ドラマからコマーシャル、季節の式典、パーティー、レストランのBGMに至るまであらゆる場面で使われている。そう云えばヴィヴァルディはイタリアンであるが、スパゲティーやピッツァと同じ位、受け入れられている訳だ。

とは言うものの、ヴィヴァルディは今から300年も昔の人なので ――昭和よりも古くは、大正、明治、よりもさらに、古く、ちょうど赤穂浪士の討ち入りのあった江戸時代の日本で、西洋人を南蛮人と言っていた時代であったが――その頃イタリアで彼はいわゆる 赤毛で‘ 司祭 ’の職にあり、孤児の少女らにヴァイオリンを教え乍ら作曲活動をしていたのであった。バロック後期、 協奏曲( ソロコンチェルト ) の形式を確立した一人でヴァイオリン協奏曲だけでもその数500近くあるという。
ちなみに、よくTVなどでお茶の間の話題にもなる、数億円の銘器と呼ばれる様なヴァイオリンが、この頃から木工工芸の盛んであったイタリアの北 クレモナ地方で、ぞくぞくと産み出されることになる。アンドレア・アマティ一族とその孫ニコロ・アマティ。彼の弟子であるアントニオ・ストラデイヴァリやガルネリ一族。これらの楽器でヴィヴァルディの「 四季 」は演奏されたのだろうか…。
300年の時を経た今も少しも色あせる事なく、バリバリの現役で活躍している天才達の作った楽器、偉大な作曲家の芸術作品のもつ生命力、そして今ではすっかり自分達のものにし享受し弾くわれわれ東端の民もすごいのかもしれない。( とは云え、美味しい料理や音楽を享受する側は楽しいのですが、それらを提供する方は、そう楽なことでもないのですが。ヴァイオリンを習わせている親御さんは、贅沢なクラシック音楽を傍らでいつも一生懸命、美しく響かせている(?!)お子さんに感謝しなくてはいけないのかもしれません。)
当時ヴェネツィアは、ヨーロッパの中では最も進んでいた文化都市で、ドイツの田舎に居たバッハなどは、憧れの目で見ていたに違いない。印刷技術も進んでいたようで、バッハはそれら幾つかの楽譜を手に入れ、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲を自らのオルガンやチェンバロ協奏曲に取り入れたり、編曲したりしている。



ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》
(1997/10/08)
イ・ムジチ合奏団

商品詳細を見る

ソロヴァイオリンはピーナ・カルミレッリ。初めて生で聴いた時は、背を丸めた初老の女性が、精力的に力強く美しい音色でヴァイオリンを響かせていたという印象だった。改めて聴くと、やはり女性らしくすみずみ迄行き届いた、健康的で豊かなソロと非常に息の合ったアンサンブル。低音楽器は、通奏低音に甘んじる事無く、非常に速いパッセージやリズムを刻み存在感を増し、バロック期の終わりと新しい古典派の時代の到来を予感させる。


ヴィヴァルディ:四季、他ヴィヴァルディ:四季、他
(2008/06/25)
イングリッシュ・コンサート ピノック(トヴレヴァー)

商品詳細を見る

サイモン・スタンデイジがソロを弾く、トレヴァー・ピノック指揮イングリッシュ・コンソートの古楽器による演奏。初めてこれを聴いた時は、目からうろこ、それまではイ・ムジチやパイヤールなど聴いていて、それがつまらなかったわけではないのだが、ピノックの鮮やかな切れ味・ダイナミックな動き・軽やかさ、スマートさは、今までの 「四季」 のイメージを覆すものだった。時々リュート (ギターの前身) の仲間であるテオルボやキタローネのかき鳴らす音がとても絶妙で格好良く聴こえてくるので、見たこともない楽器にあこがれ図書館で調べたりした。(それからというもの、このCDを友達の出産祝いなどに少々押しつけがましいプレゼントとして、しばらく使っていた) 「ヴィヴァルディの四季なんて女、子供の聴くものさ」という殿方にも是非聴いて欲しい。



第2番(夏)

1楽章
けだるい夏の暑さを見事にあらわすメロデイ 。迫りくる嵐の予感。

2楽章
ぶんぶんと暑さの中動き回るのは虫どもだけ。

3楽章
ついにがやってくる。容赦ない雨、あられ。
弦がトレモロや速いパッセージでそれを表している。



第3番(秋)     

1楽章村祭。秋はにぎやかな宴が催される。
古今東西、収穫を皆で祝うものだ。
                  
2楽章
酔いつぶれて皆死んだように、寝静まっている。

3楽章
狩りに夜明けから出かけるようだ、ヨーロパでは。
勇ましいリズムで景気をつけている。



第4番(冬)

1楽章
冷たさ・寒さフラジオを使って上手く表現している。
重音では歯の震動を表しているらしい。
こんなにも美しいガチガチがあるだろうか。

2楽章
単独で良く演奏される有名なメロディ
暖炉でまどろんでいる様子。
私はいつも氷の上を気持良く滑っている光景を
想像してしまうのだが。

3楽章
寒さで凍えているのだろうか。
人間は自然を前になすすべもない。
じっと耐えるのみである。   
                   
                   
  



いろいろな楽器や編成でもよく演奏される。
日本の邦楽でも、アレンジして琴などの和楽器で演奏される。




 引き続きクラシック万歳!!

 TOP頁に戻る








     
10:19  |  親子で楽しめる  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |