FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2001.01.01 (Mon)

第6回 秋のおさらい会 子供ヴァイオリン教室~つくば市アルスホールにて

 TOP頁に戻る



a.png

幼稚園生から中学生まで全員で合奏をしました。( 動画は2枚目 
~ つくばアルスホール


平成28年9月22日、今回で6回目になります「つくばの子供ヴァイオリン教室個別指導 秋のおさらい会」を、つくばアルスホールにて開催致しました。

さて、夏の暑さも一段落し、芸術の秋となってまいりましたが、先日の発表会では、皆様いつも通りまたはいつも以上に練習の成果を発揮することが出来ましたでしょうか。
最近の若者や子供達は、発表会やプレゼンテーションなどで人前に出ても緊張しない、という話を度々耳にすることがあるのですが、確かにニコニコして弾く生徒さんもちらほら見られる様になりました。一昔前は、出番の前に真っ青な顔をしている生徒さんの背中を、ドンとたたいて舞台に送り出したりしたものですが…――アルスホールでは出番を待つのは暗がりの中なので、そう見えなかっただけでしょうか――いくらたくさん練習を積んでいても、いざすべて暗譜し、ミスなく最後まで弾き通すというプレッシャーは、幾つになっても実に恐ろしくて難しいことです(笑)。けれど皆さん伸び伸びと、とても良く弾いていたと思います。また、選曲の際、教則本から出て自分の弾きたい曲がある、と言う中学生がいて本人に任せると、わずか一週間でほぼ完璧に『情熱大陸』を仕上げてきて、本番中には即興的アレンジまで入れてきたので、驚きましたが楽しませて貰いました。

今年も御忙しい中、堀部一寿先生には、「小さい秋見つけた」「舟歌」(オッフェンバック)の唄をしみじみと聴かせて戴きました。また、発表会の最後のお楽しみでもある恒例となりました‘ アンサンブル ’では、幼稚園児から中学生まで全員参加で合奏をしましたが、その為の合わせる練習時間は今回も取れなかった為、リハーサルのわずかな限られた時間で全体をまとめ上げてしまうという御指導と指揮をして戴き、何とかまとまり無事に終える事が出来ました。有難う御座居ました。

前回に引続き伴奏をお願い致しました東京国際芸術協会の羽田めぐみ先生、また今回つくばの子供ヴァイオリン教室アンサンブル用に編曲をしていただきました武澤陽介先生には御足労戴きました事、この場を借り心より御礼申し上げます。
最後になりましたが、日頃お家で温かく、また時には叱咤激励し、お子様を導いていただきましたお父さんお母さん、また会場に応援に聴きに来て頂きました皆様、有難う御座居ました。
今後とも温かく長い目で子供達の成長を見守って頂きます様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

(爽)

イヤホンやヘッドホンでの視聴をお勧め致します。



喜歌劇「天国と地獄」 序曲
つくばの子供ヴァイオリン教室アンサンブル  ( 初級 ~ 上級 ) 



 TOP頁に戻る

 
関連記事
06:00  |  ♦トピックス  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |